auでんきとは?料金・メリット・デメリットをご紹介

auひかりキャンペーン比較

  1. auひかりキャンペーン代理店比較トップ
  2. auでんきとは?料金・メリット・デメリットをご紹介

auでんきとは?

公開日:2017年9月11日
更新日:2019年11月1日

2016年4月から開始された「電力自由化」。
それに伴いKDDIは新たな電気サービスの提供を開始しました。

その電気サービスの名は「auでんき」!

auでんきとはauスマホ・auケータイ、もしくはauひかり(ネット+電話)をセットにすると「auでんきセット割」が利用できるサービスです。

そして、スマホ・インターネット・電気をauにすることで、さらなる割引が期待できます。

auでんきセット割

ココではauでんきの料金・メリット・デメリットについて詳しくまとめました。

このページを読んでいただくだけでauでんきのことがバッチリわかるようになっておりますのでぜひご活用ください。

auでんきの料金

auでんきは料金プランが2種類あります。

  • でんきMプラン
  • でんきLプラン

でんきMプランは一般家庭向けのプラン、でんきLプランは事務所・店舗用のプランとなっております。

では、それぞれauでんき料金プランを確認していきましょう。

でんきMプラン

でんきMプランは一般家庭向けの料金プランです。

例えば、でんきMプランは東京電力の料金プラン「従量電灯B」に相当します。

また、東京電力以外の北海道電力、東北電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力のプランとほぼ同等の料金プランです。

でんきMプランの料金表(東京エリア)を下記に掲載します。

現在、上記の電力会社で契約されているなら比較してみてください。

区分 料金
(1) 1契約あたりの基本料金 10A 260.00円
(280.80円)
15A 390.00円
(421.20円)
20A 520.00円
(561.60円)
30A 780.00円
(842.40円)
40A 1,040.00円
(1,123.20円)
50A 1,300.00円
(1,404.00円)
60A 1,560.00円
(1,684.80円)
(2) 1kWhあたりの電力量料金 最初の120kWhまで 18.07円
(19.51円)
120kWh超過300kWhまで 24.07円
(25.99円)
300kWh超過分 27.79円
(30.01円)
1契約あたりの最低月額料金注1 214.39円
(231.54円)

※()内は税込金額です。

※毎月の電気料金 = (1)基本料金+(2)電力量料金
(auでんきの月額ご利用料金は、上記に加え、燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金および消費税相当額を加えた金額となります。)

(注1)基本料金と電力量料金との合計が最低月額料金を下回る場合は、その月の料金は、最低月額料金および再生可能エネルギー発電促進賦課金の合計とします。

でんきLプラン

でんきLプランは電気利用料が多い事務所・店舗向けのプランです。

例えば、でんきLプランは東京電力の「従量電灯C」に相当します。

こちらもでんきLプランの料金表(東京エリア)を掲載します。

auでんきに申し込みをされていないあなたは現在の料金と比較してみてください。

区分 料金
(1)1キロボルトアンペアあたりの基本料金 260.00円
(280.80円)
(2) 1kWhあたりの電力量料金 最初の120kWhまで 18.07円
(19.51円)
120kWh超過300kWhまで 24.07円
(25.99円)
300kWh超過分 27.79円
(30.01円)

※()内は税込金額です。

※毎月の電気料金 = (1)基本料金 + (2)電力量料金
(auでんきの月額ご利用料金は、上記に加え、燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金および消費税相当額を加えた金額となります。)


以上のようにauでんきは各電力会社とほとんど変らない料金であることがわかりました。
ここで私はつい声に出してしまいました。
「auでんきにする意味ないじゃん。」と・・・。

そもそも、電力自由化にした最大の目的は電気料金を安くすることです。

ところが、auでんきは料金が各電力会社とほとんど同じです。

auでんきにするメリットは何なのでしょう。

実は、かなりお得なメリットがあります。
auでんきのメリットは事項でご紹介します。

auでんきのメリット

現段階では、auでんきの料金は各電力会社とほとんど変わらず、auでんきに申し込むメリットが感じられませんでした。

しかし、auでんきに申し込むメリットは確実にありますので安心してください。

さて、auでんきに申し込むメリットは3つあります。

  1. auでんきセット割で毎月キャッシュバック
  2. 「auでんきアプリ」で簡単節約
  3. ネット・スマホ・電気の支払いが1つになって管理が楽々

それでは、auでんきのメリットをそれぞれ確認していきましょう。

auでんきセット割で毎月キャッシュバック

auでんきではauでんきセット割で毎月キャッシュバックが貰えます

auでんきセット割とは、auスマホ・auケータイ、もしくはauひかり(ネット+電話)をご利用の人がauでんきに申し込むと適用されるお得なサービスのことです。

auでんきセット割のお得なサービスとは何でしょう?

それは、auでんきの月額料金に応じて毎月キャッシュバックが貰えるサービスのことです。

auでんきの月額料金に応じたキャッシュバック率は以下の通りです。

auでんきでキャッシュバック!
auでんきの利用料金 キャッシュバック率
5,000円未満 キャッシュバック率1%
5,000円以上~8,000円未満 キャッシュバック率3%
8,000円以上 キャッシュバック率5%

このようにauでんきのキャッシュバックは3段階に分かれます。

例えば、下記の画像のように1人暮らしで毎月の電気代が5,122円ならキャッシュバック率は3%なので年間でキャッシュバック1,319円となります。

また、3人家族の電気代が毎月10,510円ならキャッシュバック率は5%なので年間6,312円のキャッシュバックが貰えます。

このように電気代が多いほど、auでんきで貰えるキャッシュバックが多くなります。

auでんきのキャッシュバック率の例え

※1 総務省統計局 家計調査(家計支出編)2014年の1世帯当たりの年間支出(関東エリア)を参考に、「auでんきセット割」対象金額(燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金、消費税額を除く月額)を推計。この料金をもとに、季節変動を加味した各月の「auでんきセット割」対象金額を類推。

auでんきのキャッシュバックで注意していただきたいのは指定口座にキャッシュバックが振込まれるわけではなく、「au WALLET」にキャッシュバックされることです。

つまり、au WALLETに申し込む必要があります。

au WALLETとは、コンビニでの商品購入やauの利用料金に応じて貯まるポイントです。

auでんきで貯まったポイントはauの支払いやショッピングに使うことができます。

au WALLETには、プリペイドカードとクレジットカードの2種類がありますが、プリペイドカードなら入会金・年会費は無料で気軽に申し込めるのでオススメです。

以上のようにauでんきではご利用料金に応じてキャッシュバックが貰えます。

これがauでんきの最も大きなメリットです。

「auでんきアプリ」で簡単節約

auでんきアプリを利用すると毎月の電気代の節約に繋がります。

なぜなら、auでんきアプリでは以下のことができるからです。

  • いつでもどこでも電気料金の確認が可能
  • 電気の利用状況お知らせ機能搭載
  • 第三者と自分との電気の利用方法を比較可能
  • 節約方法をアドバイス

それでは、それぞれを確認していきましょう。

いつでもどこでも電気料金の確認が可能

auでんきアプリはパソコン・スマホ・タブレットからいつでもどこでも電気の利用状況を確認できます。

auでんきアプリを活用すれば、電気料金の予想や電気代のかかる電化製品の電気料金を予測することもできます。

特に夏や冬の電気代が多くなる時期は、auでんきアプリの機能を活用すれば計画的に電気を使うことができます。


電気の利用状況お知らせ機能搭載

auでんきアプリお知らせ機能

電気代の明細票を見て、「先月、こんなに使ったの!?」なんて愕然とすることありませんか?

そんな状況を防いでくれるのが、auでんきアプリの「電気の利用状況お知らせ機能」です。

auでんきアプリは現時点での利用状況を教えてくれます。

そのため、電気を使いすぎないように調節することができます。


第三者と自分との電気の利用方法を比較可能

あなたは、あなた以外の第三者の電気代を知っていますか?

近所の人に「電気代いくらですか?」なんて聞きづらいし、何より失礼です。

でも、自分と同じような環境に住む人はどのくらいの電気代なのか気になります。

そんな時はauでんきアプリの機能で最適なものがあります。

そのauでんきアプリの機能を使えば、auでんき契約者の中であなたによく似た家庭環境の人をKDDIが算出します。

そして、あなたの電気代と、あなたによく似た家庭環境の電気代を比較することができます。

auでんきアプリの機能を利用すれば電気代を見直し節約に繋げることができます。


節約方法をアドバイス

auでんきアプリは毎月のご利用状況から電気の使い方を分析し、電気の節約方法をアドバイスしてくれます。

auでんきアプリは無理のない節約方法を提案してくれます。

auでんきアプリのアドバイスのおかげで気づいたら料金が安くなっていたなんて驚きもあります。


以上のようにauでんきアプリでは簡単に節約することができます。

この他にもまだまだauでんきアプリは節約機能が備わっております。

ぜひともauでんきアプリを活用して、家計に負担をかけないようにしてみてはいかがでしょうか?

ネット・スマホ・電気の支払いが1つになって管理が楽々

auひかり・auスマホ・auでんきとインターネット回線・スマホ・電気をauにまとめることで支払いが1つになります。

そのため、料金の管理がとても楽になります。

特に家計簿をつけるなら「インターネットの明細どこ行ったっけ?」、「スマホの明細失くした」なんてことがなく効率よく管理でき時短にもなります。

auでんきのデメリット

この世には光と闇があるように、そして表と裏があるように、auでんきにはメリットとデメリットがあります。

やはり、auでんきのメリットだけでなくデメリットにも目を向けなければなりません。

そうしないとauでんきに申し込んでから「こんなはずじゃなかったぁぁぁ!!」なんてことになりかねないからです。

そんな、失敗を招かないためにauでんきのデメリットをご紹介します。

他社へ申し込みできなくなる

auでんきセット割りを適用させるには、auスマホかauひかりに申し込まないと適用できません。

つまり、auスマホを他社へ乗り換えたり、auひかりから他社回線に申し込んだりするとauでんきセット割が利用できなくなります。

auでんきセット割が利用できなければauでんきには何のメリットもありません。

そして、今まで通り電力会社との契約に戻ります。

そうなるとauでんきからの支払い変更など、面倒な手続きをしなければなりません。

そう考えるとauスマホもauひかり回線も乗り換えづらくなります。

確かに他社へ申し込みづらくなるのはデメリットです。

しかし、auスマホとauひかりを利用するならauスマホの料金が安くなるauスマートバリューが使えます。

それに加えて、auでんきセット割が適用されるので他社へ申し込みたいという気持ちにならないです。

したがって、よほどKDDIに対して怨みがない限り乗り換える必要はないでしょう。

auでんきの申し込み方法

auでんきの申し込みはインターネット・電話・auショップ・au取扱店で行えます。

申し込む際は直近の「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」を用意しましょう。

auでんきは申し込む時に『電気ご使用量のお知らせ(検針票)』に記載される「供給地点特定番号(22桁)」と「お客様番号(13桁)」が必要となります。

検針票の例
例:東京電力の「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」

もし、検針票を捨ててしまった等で「供給地点特定番号」と「お客様番号」がわからないようであれば契約中の電力会社に連絡すれば教えてくれます。

それでは、インターネット・電話・auショップ・au取扱店での申し込み方法をご紹介します。

auでんきをインターネットから申し込む

検針票記載の名義人がauを利用する場合に限りインターネットからauでんきに申し込むことができます。

インターネットからauでんきに申し込む際は以下のものを用意しましょう。

  • au ID(auのサービスを利用する為)
  • 検針票
  • au WALLETプリペイドカード(事前申し込み必須)

これらを用意したらインターネットから申し込みをします。

auでんき申し込みページでau IDを入力し、ログインします。

auでんき申し込みページで検針票の番号を入力します。
ただし、関西電力・北陸電力エリアは検針票の番号入力が不要です。
また、エリア問わずauの契約情報が自動で入力されるため、名前・住所・電話番号入力は不要です。

auでんきの申し込みが完了するとメールが送られてきます。
メールの内容を確認しましょう。

スマートメーターの交換工事を行います。
基本的に工事は立ち合う必要なしです。
ただし、マンションなどでオートロック解除の必要がある場合は立ち合いが必要となります。

auでんき利用開始の書類が郵送で届きます。
書類が届けばauでんきの利用開始です!

auでんきは利用開始から約2ヵ月後に料金の請求が発生します。

基本的に初期費用は無料です。
また、工事の立ち合いも必要ありません。

さらに、現在契約中の電力会社への解約手続きはauでんき側が行ってくれるので私たちは何もしなくて大丈夫です。

以上のように、簡単にauでんきの申し込みができます。

なお、電話での申し込みもインターネットと同様の書類を用意していただければ申し込むことができます。

auでんきをauショップ・au取扱店から申し込む

auショップ・au取扱店からauでんきに申し込む場合、契約者本人でなくとも申し込みが可能です。
ただし、auショップ・au取扱店からauでんきに申し込む場合は必要な書類が異なります。
必要書類は下記をご覧ください。

契約者本人の必要書類

  • 検針票
  • 契約者本人の確認書類(免許証・保険証・パスポート等)
  • 印鑑
  • au WALLETプリペイドカード(必須ではない)

契約者本人ではなくご家族の必要書類

  • 検針票
  • 来店されるご家族の確認書類(免許証・保険証・パスポート等)
  • 委任状
  • 印鑑
  • au WALLETプリペイドカード(必須ではない)

以上がそれぞれの確認書類です。

なお、au WALLETプリペイドカードを持っていなくてもauでんき申し込み時に一緒に申し込むことができるので安心してください。

auでんきをauショップ・au取扱店で申し込んだ後の流れは「インターネットから申し込んだ場合」と同じです。

「申し込み完了メールが届く」→「スマートメーターの交換工事」→「書類が届く」→「auでんき利用開始」の流れです。

ちなみに、auショップは予約しておくとスムーズです。
auショップの予約方法は「auショップの予約方法!auひかりの話が聞きたいだけなのに混んでる・・・」をご覧ください。

まとめ

以上、auでんきの料金、メリット・デメリット、申し込み方法をご紹介しました。

auでんきの料金は各電力会社とほとんど変らないです。

しかし、電気代に応じてキャッシュバックされるという特徴があります。

そして、auでんきのキャッシュバックはauでんきにとって最大のメリットです。

「auスマホ+auでんき」でもお得ですが、「auスマホ+auひかり+auでんき」に申し込むとさらにお得になります。

なぜなら、スマホ・インターネット・電気をauで揃えると「auスマートバリュー」と「auでんきセット割」の超お得な2大サービスが適用できるからです。

現在、auスマホを利用中で他社インターネットに契約されているならまずはauひかりの申し込みを検討されてみてはいかがでしょう。

auひかりの申し込みにオススメの代理店はNNコミュニケーションズです。

NNコミュニケーションズ

NNコミュニケーションズはauひかり申し込み時に電話で「キャッシュバックが欲しい」と伝えればキャッシュバックが貰えます。

また、NNコミュニケーションズのキャッシュバック額は以下をご覧ください。

キャッシュバック特典1
- ホーム マンション
ネット+電話 52,000円 47,000円
ネットのみ 45,000円 40,000円

キャッシュバック特典2
- ホーム マンション
ネット+電話 47,000円 + 無線LANルーター 42,000円 + 無線LANルーター
ネットのみ 40,000円 + 無線LANルーター 35,000円 + 無線LANルーター

auひかり代理店NNコミュニケーションズの詳細は「auひかりプロバイダにこだわるならNNコミュニケーションズがお得!」をご覧ください。

下記からNNコミュニケーションズにアクセスできます。
NNコミュニケーションズは本当にお得なのかどうか・・・あなたご自身でチェックしてみてください。

また、NNコミュニケーションズ以外のauひかり代理店も知りたい。
そんなあなたは下記のランキングをご確認ください。

NNコミュニケーションズを筆頭にオススメのauひかり代理店を紹介しておりますので、必ずあなたのお役に立つことでしょう。

トップへ戻る

top