幻のauひかり料金プラン「ホーム(s)」の実態にせまる!

auひかりキャンペーン比較

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

あなたの個人情報はグローバルサインによって保護されています。

  1. auひかりキャンペーン代理店比較トップ
  2. 幻のauひかり料金プラン「ホーム(s)」の実態にせまる!

auひかり料金プラン「ホーム(s)」の実態

公開日:2018年7月12日

auひかり料金プラン「ホーム(s)」の実態
auひかり料金プラン「ホーム(s)」の実態

通常、auひかりを戸建てで申し込む料金プランは「ホーム」となります。

ところが、稀に「ホーム(s)」という料金プランになることがあります。

auひかりの料金プランが「ホーム」の場合、「ホーム(s)」で申し込むことができません。

その逆も然り、「ホーム(s)」の場合、「ホーム」で申し込むことができません。

auひかり戸建ての料金タイプは「ホーム」か「ホーム(s)」のどちらかしか申し込むことができないので、「ホーム(s)」の存在すら知らない人がいます。

それゆえに、「ホーム(s)」は幻の料金プランなのでは?
と私は考えています。

そこで、auひかり料金プラン「ホーム(s)」の実態を調べました。

その結果、以下のことがわかりました。

  • auひかり料金プラン「ホーム(s)」はフレッツ光回線を利用
  • auひかり料金プラン「ホーム(s)」はほとんど「ホーム」と同じ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

auひかり料金プラン「ホーム(s)」はフレッツ光回線を利用

auひかり料金プラン「ホーム(s)」はフレッツ光回線を利用します。

そして、auひかり料金プラン「ホーム」はKDDI回線を利用します。

これが、「ホーム(s)」と「ホーム」の違いです。

では、どんな時に「ホーム(s)」と「ホーム」は区別されるのでしょうか?

  • 「ホーム(s)」:auひかりに対応していないけど、フレッツ光なら利用できるエリア
  • 「ホーム」:auひかりが対応しているエリア

このようにエリアによって区別されます。

つまり、auひかりに対応しているか、もしくはフレッツ光に対応しているかによって「ホーム」と「ホーム(s)」で強制的に料金プランが決まります。

そのため、「ホーム(s)」の存在を知らない人もいるわけですね。

ちなみに、「ホーム(s)」の"s"とは何の略なのでしょう。

"s"といえば「スーパー」とか「スペシャル」とかを連想させます。

もしかして「ホーム(s)」は、ものすごいサービスを隠し持っているのでしょうか?

「ホーム(s)」の"s"を調べたところ、「スーパー」や「スペシャル」ではありませんでした。

「ホーム(s)」の"s"は「NTTシェアドアクセス」の略です。
「シェアド(shared)」の"s"ということです。

「NTTシェアドアクセス」とはNTTの回線を共有して利用するという意味です。

"s"の意味を理解すると「ホーム(s)」がフレッツ光回線を利用したものだとわかりますね。

auひかり料金プラン「ホーム(s)」はほとんど「ホーム」と同じ

auひかり料金プラン「ホーム(s)」と「ホーム」の違いは「フレッツ光回線」か「KDDI回線」か、それだけです。

それ以外の内容は「ホーム」と同じです。

月額料金※15,100円
工事費37,500円
通信速度※21Gbps
違約金15,000円
auスマートバリュー適用可能
auひかりキャンペーン適用可能

※1 ずっとギガ得プランの月額料金です。

※2 ベストエフォート値です。

例えば、上記のような内容が「ホーム」と「ホーム(s)」で同じです。

auひかりと固定電話を同時に申し込むと工事費が実質無料となるサービスがあります。
もちろん、「ホーム(s)」は工事費無料サービスも利用できます。

「ホーム(s)」のインターネット回線はフレッツ光回線、「ホーム」のインターネット回線はKDDI回線という違いこそありますが、通信速度も同じです。

また、auスマートバリューを使うことができます。
auひかりのキャンペーンも適用可能です

利用するインターネット回線以外は「ホーム(s)」と「ホーム」で違いはないと思って問題ありません。

まとめ

以上、auひかり料金プラン「ホーム(s)」の実態を紹介しました。

「ホーム(s)」は、auひかりに対応せず、フレッツ光に対応するエリア限定の料金プランです。
そのため、知る人ぞ知る料金プランといえるでしょう。

ただ、「ホーム(s)」が特別かというと、そんなことはなく「ホーム」とほとんど同じです。

今回の内容はauひかりの豆知識として頭の片隅にでも置いていただければ幸いです。

下記では、auひかりの中でも特にオススメの代理店を紹介しております。

auひかりを検討するなら、お時間のある時にご覧になってみてください。

トップへ戻る

top