auひかり「パイオン・GrandNetwork」が行う禁じ手

auひかりキャンペーン比較

お客様の個人情報はグローバルサインによって保護されています。

  1. auひかりキャンペーン代理店比較トップ
  2. auひかりの代理店が行う禁じ手

auひかり代理店が行なった禁じ手をご紹介

auひかり代理店が使ってはいけない禁じ手を使ってきました。

その禁じ手とは別のauひかり代理店をよそおい申し込みを増やす手法です。

被害にあったauひかり代理店はNNコミュニケーションズです。

そして、禁じ手を行なった代理店は「(株)パイオン」「(株)GrandNetwork」「(株)25」です。

何故、NNコミュニケーションズが狙われたのか?おそらくNNコミュニケーションズが人気のある代理店だからでしょう。NNコミュニケーションズはインターネット上でも悪い評判がほとんどありません。

(株)パイオン」「(株)GrandNetwork」「(株)25」はその人気につけこんで申し込みを増やそうと禁じ手を行なったのです。

※同じような手口を「ジェイ・コミュニケーション」も行なっております。詳しい内容は「auひかり代理店ジェイ・コミュニケーションは他社を装って運営か?」をご覧ください。

では、具体的にどのような禁じ手を行なったのか詳しく見ていきましょう。

auひかり代理店パイオンの禁じ手

最初に(株)パイオンが行なった禁じ手をご紹介します。

Googleから「auひかり NNコミュニケーションズ」と検索してください。

検索ページの上部、もしくは下部に「auひかりNNコミュニケーションズ-翌月キャッシュバック‎」と表示されます。

私の場合、検索結果の1番下に(株)パイオンのサイトが表示されました。

「広告」と表示されているので見つけやすいかと思います。

auひかり代理店パイオンの検索結果
auひかり代理店パイオンの検索結果

「auひかり NNコミュニケーションズ」と検索して「auひかりNNコミュニケーションズ-翌月キャッシュバック‎」というタイトルが表示されたらどう思いますか?

ほぼ全ての方がauひかり代理店NNコミュニケーションズのサイトだと思うはずです。

しかし、クリックしてみると、実は(株)パイオンのサイトです。

これってNNコミュニケーションズの名前を利用して少しでもお客さんを獲得しようという現れではないでしょうか。

つまり、(株)パイオンはNNコミュニケーションズの人気の高さを利用して申し込みを増やそうと考えているのです。

auひかり代理店GrandNetworkの禁じ手

次に(株)GrandNetworkをご紹介します。

YAHOOから「NNコミュニケーションズ」と検索してください。

検索すると「フレッツ光au光乗り換え-当サイト限定:最大50,000円還元」というタイトルが表示されます。

「広告」の場所に表示されるので見つけやすいです。

auひかり代理店GrandNetworkの検索結果
auひかり代理店GrandNetworkの検索結果

(株)GrandNetworkのタイトルには「NNコミュニケーションズ」という社名は入っておりません。

しかし、「NNコミュニケーションズ」と検索して(株)GrandNetworkのサイトが表示されるのおかしくないですか?

NNコミュニケーションズとGrandNetworkは全く無関係の会社です。

やはり、GrandNetworkもNNコミュニケーションズを意識している証拠です。利益の為なら手段を選ばないといったところでしょう。

auひかり代理店25の禁じ手

最後に(株)25をご紹介します。

YAHOOから「auひかり NNコミュニケーションズ」と検索してください。

検索結果に「auひかりNNコミュニケーションズ-サイト限定 月額実施550円~」と表示されます。

auひかり代理店25の検索結果
auひかり代理店25の検索結果

これもタイトルにNNコミュニケーションズと表示されるのでNNコミュニケーションズのサイトだと思ってしまいます。

しかし、クリックすると…あら、不思議!(株)25のauひかりサイトが表示されます。

(株)25もNNコミュニケーションズが有力なauひかり代理店だと認識しており、NNコミュニケーションズをよそおえば申し込みを増やせると考えているのでしょう。

まとめ

以上、auひかり代理店「パイオン」「GrandNetwork」「25」が行なった禁じ手をご紹介しました。

3社とも共通するのは「NNコミュニケーションズ」で検索した方をターゲットにして罠をはっていることです。

何も知らなければ、あなたもその罠にかかる可能性は充分ありえます。しかし、既にあなたはこの記事を読んだので罠にかかることがなく安心ですね。

このようにNNコミュニケーションズを偽るということは、逆に考えると「パイオン」「GrandNetwork」「25」はNNコミュニケーションズの実力を認めていることになります。

つまり、競合が認めるauひかり優良代理店、それがNNコミュニケーションズだと考えられます

他社を偽る代理店と、他社が認める代理店、あなたはどちらを選ぶでしょうか?

トップへ戻る

top