auひかりプロバイダ@niftyが選ばれない理由!

auひかりキャンペーン比較

お客様の個人情報はグローバルサインによって保護されています。

  1. auひかりキャンペーン代理店比較トップ
  2. auひかりプロバイダ@niftyが選ばれない理由!

auひかりプロバイダ@niftyが選ばれない理由!

@niftyは、ニフティ株式会社が運営するプロバイダです。ニフティ株式会社は富士通の完全子会社です。ところが、2017年1月にノジマがニフティの買収を検討中であると発表しました。このようなことから今後は、ノジマが運営するプロバイダ@niftyとなりそうです。

そんな@niftyをauひかりのプロバイダとして選ぶことができます。

しかし、@niftyをプロバイダとして選ぶ人が少ないのが現状です。

何故、選ぶ人が少ないと思いますか?その理由は以下となります。

  • @niftyを取り扱う代理店が少ない
  • キャッシュバック額が少ない

このページでは、@niftyが選ばれない理由を中心にご紹介しております。auひかりのプロバイダで迷っているなら参考にしていただけると幸いです。

@niftyを取り扱う代理店が少ない

@niftyをプロバイダとして扱う代理店はとても少ないです。auひかり代理店のほとんどがキャッシュバック条件にSo-net、またはBIGLOBEを定めています。

このようにキャッシュバック条件にプロバイダの指定があるので@niftyが選ばれることはほとんどありません。

キャッシュバック額が少ない

@niftyをauひかりのプロバイダに選ぶことでキャッシュバックを貰うことができます。しかし、キャッシュバック額が少ないという欠点があります。

多くの人が選ぶauひかりのプロバイダは、So-netとBIGLOBEです。So-netもBIGLOBEも@niftyと同様にキャッシュバックを貰うことができます。@niftyのキャッシュバックが低いのはSo-netとBIGLOBEのキャッシュバックを比較すればわかります。

- ホーム マンション
@nifty 10,000円 なし
So-net 20,000円 10,000円
BIGLOBE 22,000円 15,000円

※ずっとギガ得プランに申し込む必要があります。

ご覧いただくとわかる通り@niftyのキャッシュバックが最も低いです。マンションにいたってはキャシュバックを貰うことができません。これでしたら皆さんSo-netかBIGLOBEに申し込んでしまいますね。

余談ですが、auひかり代理店が掲載するキャッシュバックは、代理店からのキャッシュバックとプロバイダからのキャッシュバックを合わせた金額です。当然、キャッシュバックが多い程、申し込む人も増えます。そんな理由からプロバイダの中では高額キャッシュバックのSo-netやBIGLOBEが多くの人に選ばれるのです。

@niftyのキャッシュバック申請方法

ここまで読んでいただいたなら、もしかすると@niftyをプロバイダとして選ばない人もいらっしゃるかもしれませんが@niftyのキャッシュバック申請方法についてご紹介します。

■ auひかりをプロバイダ@niftyにして申し込む

■ 開通月を含む3ヵ月目に受取方法のメールが届く

@niftyメールアドレス宛に届きます。振込日の案内や振込用の口座の登録方法の案内です。

■ 受取口座を登録する

支払い方法がKDDI請求、カード決済、ゆうちょ銀行による口座振替の場合、キャッシュバック受取用口座の登録が必要です。その他の口座振替決済の場合、キャッシュバック受取用口座の登録は不要です。

■ 開通月を含む4ヵ月目に振込口座へ振込

キャッシュバック申請方法は以上のようになります。プロバイダを@niftyに選ぶ前の参考にしてください。

まとめ

auひかりプロバイダ@niftyについてご紹介しました。@niftyが選ばれない理由は、

  • @niftyを取り扱う代理店が少ない
  • キャッシュバック額が少ない

があげられます。

私としても@niftyをプロバイダにしてauひかりに申し込むよりはSo-net、もしくはBIGLOBEをプロバイダにして申し込むことをオススメします。

auひかりの申し込みでプロバイダに迷っているならこのページを思い出していただけると幸いです。

トップへ戻る

top