ケーブル恐怖症も大丈夫。auひかりテレビサービスの接続方法

auひかりキャンペーン比較

  1. auひかりキャンペーン代理店比較トップ
  2. auひかりテレビサービスの接続方法

auひかりテレビサービスの接続方法

auひかりテレビサービスを利用するには接続が必要です。

接続といえば配線がゴチャゴチャになったり、ケーブルをどこに挿せばわからなかったり、苦手な人も多いです。

そういう私も接続が大の苦手で、パソコンの接続に3日くらいかけてようやくできるほどです。

もはや、ケーブル恐怖症といってもいいでしょう。

そんな私のようなケーブル恐怖症もauひかりテレビサービスの接続は簡単なので安心してください。

今回は、auひかりテレビサービスの接続方法を紹介します。

現在、auひかりとテレビサービスの申し込みを検討中で接続が苦手なら参考にしてみてください。

auひかりテレビサービスの接続方法を要約すると以下となります。

  • セットトップボックス(STW2000)と付属品を確認
  • セットトップボックス(STW2000)を設置
  • リモコンを準備
  • セットトップボックス(STW2000)と各機器を接続
  • セットトップボックス(STW2000)の電源を入れる

それでは詳しく見ていきましょう。

セットトップボックス(STW2000)と付属品を確認

auひかりテレビサービスに申し込むとセットトップボックス(STW2000)と付属品が届きます。

まずは、届いた中身を確認します。

  • セットトップボックス(STW2000):1台
  • ご利用にあたっての注意事項:1冊
  • 簡単ガイド:1部
  • 縦置き台:1個
  • ACアダプタ:1対
  • リモコン:1個
  • リモコン用単3乾電池:2本
  • HDMIケーブル:1本
  • LANケーブル:1本
セットトップボックス(STW2000)と付属品
セットトップボックス(STW2000)と付属品

セットトップボックス(STW2000)は放送信号を受信して、受信した放送信号をテレビで見られるように変換する装置です。

これがないとテレビが見られないのでauひかりテレビサービスの心臓の役割をしています。

なお、セットトップボックス(STW2000)と付属品はauひかりテレビサービスをやめる時に返却します。

返却時にセットトップボックス(STW2000)と付属品が入っていた箱を再度利用するので捨てないように気をつけてください。

セットトップボックス(STW2000)を設置

セットトップボックス(STW2000)を設置します。

セットトップボックス(STW2000)は縦置きと横置きができるので、お好みに合わせて設置できます。

縦置きの場合、縦置き台の突起部とセットトップボックス(STW2000)底面の凹部を合わせてとりつけます。
縦置きは場所をとらない分、スッキリしますが置くのに不安定です。

セットトップボックス(STW2000)を縦置きに設置
セットトップボックス(STW2000)を縦置きに設置

横置きの場合、脚がある面を下にして横に置きます。
横置きは場所をとりますが、安定して置くことができます。

※セットトップボックス(STW2000)はDVDプレーヤーやパソコン等の発熱する機器の上に設置すると故障や火災の原因になるので注意してください。

※セットトップボックス(STW2000)は壁や物がない場所に設置してください。換気が悪いとセットトップボックス(STW2000)の温度が上昇し故障や変形の原因になるので注意してください。

※セットトップボックス(STW2000)の上に物を置かないでください。破損や変形の原因となります。また、温度が上がり故障の原因となることがあります。

リモコンを準備

リモコンを準備します。
リモコンの準備はとても簡単♪

リモコンのフタを開けて付属の単3乾電池を2本入れるだけです。

おっと!フタを閉めるのを忘れずに。

※乾電池はプラスとマイナスを逆に差し込まないように注意してください。

※乾電池は新しいものと、古いものを一緒に使ったり、種類の違う乾電池を使ったりしないように注意してください。

セットトップボックス(STW2000)と各機器を接続

セットトップボックス(STW2000)と各機器を接続
セットトップボックス(STW2000)と各機器を接続

いよいよここからが本番です。

セットトップボックス(STW2000)と各機器の接続を行います。

とはいっても難しいことは何もないので気楽に読んでください。

テレビを見るために最低限接続するものは以下の3つです。

  1. セットトップボックス(STW2000)とホームゲートウェイを接続
  2. セットトップボックス(STW2000)とテレビを接続
  3. セットトップボックス(STW2000)とコンセントを接続

あとは、必要に応じてブルーレイレコーダーや外付けHDDを接続します。

今回は「最低限接続するもの3つ」を紹介します。

セットトップボックス(STW2000)とホームゲートウェイを接続

付属のLANケーブルを使ってホームゲートウェイを接続します。

セットトップボックス(STW2000)とテレビを接続

付属のHDMIケーブルを使って、セットトップボックス(STW2000)のHDMI出力端子とテレビのHDMI入力端子に接続します。

セットトップボックス(STW2000)が出力端子、テレビが入力端子なので逆にしないように注意してください。

※主電源をオンにした状態でHDMIケーブルを抜き差ししないでください。

※テレビの電源をオンにした後、セットトップボックス(STW2000)の主電源をオンにしてください。先にセットトップボックス(STW2000)の主電源をオンにすると映像が正常に映らない場合があります。

セットトップボックス(STW2000)とコンセントを接続

セットトップボックス(STW2000)とコンセントを付属のACアダプタで接続します。

セットトップボックス(STW2000)の電源を入れる

ACアダプタをコンセントに接続するとセットトップボックス(STW2000)が起動し、テレビに初期設定画面が表示されます。

テレビ画面の指示に従って設定をします。

一度、設定をすれば次回以降の設定は不要です。

auひかりテレビサービスの設定は「カメでもわかる!auひかりテレビサービスの設定方法」をご覧ください。

まとめ

以上、auひかりテレビサービスの接続方法をご紹介しました。

私のようにケーブル恐怖症でも何とかなる気がしませんか?

実際にやってみると何とかなるものです。

auひかりでテレビサービスを利用するなら参考にしてみてください。

最後に、auひかりの申し込みにオススメの代理店を下記の「auひかり代理店ランキング」で紹介しております。
時間のある時にご覧になってみてください。

トップへ戻る

top